民事調停とは

裁判所を通じた紛争解決の手段の中には、裁判所が何らかの決定を下すことを前提とせず、裁判所が紛争当事者の間に入って話し合いを仲介する手続きもあります。それが民事調停手続きです。

民事調停手続きは、当事者が簡易裁判所に申し立てることによって開始され、非公開で進められます。学識経験者などの調停委員が、当事者双方から事情を聞いて、妥協点を探ります。法律の考え方が基本になることはもちろんですが、必ずしも法律を適用するわけではなく、手続きも厳格ではありません。

民事調停を利用することが考えられるケース

法律をそのまま適用したのでは適切な解決が図れない場合や、請求金額が比較的小さく当事者双方の歩み寄りによる解決が期待できる場合などに適した紛争を解決する手段と言えるでしょう。

労働事件で言えば、たとえば、費用対効果の点で弁護士を依頼することが難しいような少額の賃金請求事件や、休職していた労働者が復職する際に雇用主に職場環境の整備を求める場合などに利用することが考えられます。